Menu
トップ
スクリーンショット
ダウンロード
ドキュメント
開発者向け
Wiki
ブログ
ショッピング
リンク



since '04/2/6



開発者向け

X/Qt-2

X/Qt-2 の開発環境については、X/Qt-2開発者向け HOWTO を参照してください

Subversion アクセス

X/Qt のソースコードは、Subversion で管理されています(CVS の管理はすでに停止しています) ソースの取り出しは以下のように行ってください。
$ svn svn checkout http://svn.sourceforge.jp/svnroot/xqt/xqt2/trunk xqt2

クロス開発環境の整備

クロスコンパイラや基本ライブラリ/ヘッダなどはZaurus 宝箱 Pro から入手してください。

X/Qt アプリケーションの開発に必要なヘッダ/ライブラリは、 X/Qt プロジェクトページ の "Development Libraries" にあります。

今のところ、X11, Glib, GTK+, zlib のヘッダ/ライブラリを tarball で用意してあります。 これをそのままホストマシンの / ディレクトリにぶちまけてください。

クロスコンパイル方法

クロスコンパイル方法ですが、configure がついているソフトウェアの場合は、 一般的には以下のような手順で make を実行します。
export CC=arm-linux-gcc
export CXX=arm-linux-g++
export LD=arm-linux-ld
export AR=arm-linux-ar
export AS=arm-linux-as
export RANLIB=arm-linux-ranlib
export STRIP=arm-linux-strip

./configure --prefix=/opt/QtPalmtop --host=arm-linux \
    -x-includes=/opt/Embedix/tools/arm-linux/X11R6/include \
    -x-libraries=/opt/Embedix/tools/arm-linux/X11R6/lib \
    --with-glib-prefix=/opt/Embedix/tools/arm-linux \
    --with-gtk-prefix=/opt/Embedix/tools/arm-linux
make
make DESTDIR=/directory_for_temporary_install install
これだけでうまくいくケースもありますが、駄目なことも多いので ここから先は自分で考えてください。

なお、X/Qt プロジェクトでメンテしているパッケージはたいていクロスコンパイル用の スクリプトをつけている(Xconfigure.sh とかがそれです)ので、参考までに。

開発ポリシ

X/Qt server project のポリシ(というほどでもないが)は以下のようにしております。
  • Zaurus のデフォルトの環境をできるだけ変更せずにすむようにする。 すなわち、Kernel, libc などの入れ替えは原則要求しない。
  • 極力 SD カードにもインストールできようにする。具体的には
    • -prefix は /opt/QtPalmtop とする
    • X のプロジェクトルートも /opt/QtPalmtop とする
    • /etc や /usr などにどうしてもインストールしなければならないものは別パッケージに
  • 標準のツールでコンパイルできるようにしておく。