日本語入力手順

X クライアントで日本語文字入力する方法はいくつかあります。

uim-xim + anthy

今のところ一番お勧めの方法。XIM(X Input Method)サーバの uim-xim と、日本語入力システムの anthy を 組み合わせるものです。

uim-xim は X/Qt server project のページからダウンロードできます。 anthy は zaurus-ja から入手できます。

使い方ですが、~/.xinitrc に

export XMODIFIERS=@im=uim-anthy
exec uim-xim&
と書いて startx でサーバを起動します。あとは Shift+Space で日本語入力できます。

XIM を使うので、on-the-spot で文字入力できます。

手書き文字入力

とりあえず一番お手軽。普通に Qtopia の手書き文字入力が使えます。 ただ、かなり怪しい実装なので、アプリケーションによっては正しく動作しない可能性大。

imkit-anthy

これは Qtopia で日本語入力する方法ですが、X/Qt server への文字入力にも使えます。 imkit-anthy, anthy, libimkit の3つのパッケージを zaurus-ja から入手/インストールして 使います。

その他

kinput2 + canna なんかもクロスコンパイルすればいけるはずです。試してないけど。